遺留分制度
ホーム > 遺留分制度

遺留分制度

遺留分とは、一定範囲の相続人が相続時に法律上取得することが保障されている 相続財産の一定割合のことです。
以下で、遺留分の内容について説明します。

遺留分権利者

遺留分減殺請求権を有する者を遺留分権利者といいます。
民法において、遺留分権利者は、兄弟姉妹を除いた相続人(被相続人の子供、配偶者及び直系尊属)となります。

遺留分割合

相続人全体の遺留分は、相続人が①直系尊属のみの場合には被相続人の財産の3分の1、②その他の場合(配偶者のみ、配偶者と直系卑属、配偶者と直系尊属)には2分の1となります。
各相続人の遺留分の割合は、上記の遺留分の割合に法定相続分を乗じて計算します。

具体例 相続人が配偶者及び子供が2人の場合

配偶者=1/2(全体遺留分)×1/2=1/4
子 供=1/2(全体遺留分)×1/4=各1/8

遺留分の算定

遺留分の算定のためには、まず遺留分算定の基礎となる財産の価額を求める必要があります。

遺留分算定の基礎となる財産の価額 =相続開始時の財産の価額+生前贈与等の価額-相続債務の全額

生前贈与等とは①相続開始前1年間に贈与、②当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってした1年より前の贈与、③当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってした不相当な対価による有償行為、④相続人の特別受益財産です。

遺留分算定の基礎となる財産の価額を計算した後、各相続人の遺留の額を計算します。

遺留分の額=遺留分算定の基礎となる財産の価額×各相続人の遺留分の割合-特別受益額