合同会社の設立手続き及び設立登記の費用
ホーム > 合同会社の設立手続き及び設立登記の費用

合同会社の設立手続き及び設立登記の費用

合同会社は、最も費用を抑えて設立することができる法人です。
合同会社の設立のメリット・デメリットに関しては、こちらをご覧くださいませ。

合同会社の設立の主な流れ

1 合同会社の設立のご相談(お電話・メール・面談)
    ↓
2 押印書類の作成・郵送・必要書類の返送
    ↓
3 電子定款作成
    ↓
4 出資金・設立登記費用の振込
    ↓
5 設立登記申請(会社成立)

合同会社の設立にご準備頂く書類等

1 代表社員の印鑑証明書
2 合同会社のご実印
3 代表社員のご実印
4 出資者及び代表社員のご本人様と確認できる公的な身分証明書   
        ※ できれば写真付き   
        ※ 出資者や代表社員が法人の場合には職務代行者のものをご準備下さいませ。

設立登記に必要な書類は全て当オフィスにて作成します。
作成後、当オフィス指定のご印鑑をご捺印をお願いしております。

合同会社の設立登記の費用

司法書士報酬 金5万円(税別)
上記報酬に含まれる業務 
・設立登記申請
・電子定款作成
・設立登記に必要な書類作成
・設立会社の登記簿謄本
・印鑑証明書取得代行
・印鑑カード交付申請及び取得代行
・商号調査

登録免許税
資本金の額の1000分の7
(これによって計算した額が6万円に満たないときは、6万円)


その他登記簿謄本取得等の実費