不動産業も変わってくるか?
ホーム > 不動産業も変わってくるか?

不動産業も変わってくるか?

先日のWBSでも話題でしたが、不動産仲介業者の両手取引が問題視されています。

大手仲介業者が名指しされていたのはビックリしましたが、
これが不動産業の現状です。

大きな問題として挙げられるのが、
レインズの状況や問い合わせに関して売主側に情報がはっきり伝わらないことです。

宅地建物取引士という「士業」に仲間入りしたのですから、
これから大きな変化が求められてくるのではないでしょうか?

一方で、従来の不動産業を変えるような意欲的な取り組みをしている会社も出てきています。
不動産業もインターネットを通じた画期的な取り組みも増えてきてます。

不動産業の置かれている状況からの変化と各不動産業者の革新的な取り組みは、
司法書士業務ともつながる可能性もあり、
とても楽しみな変化になりそうです。

平成27年5月28日

司法書士・行政書士 溝の口オフィス