相続放棄。期限には注意!
ホーム > 相続放棄。期限には注意!

相続放棄。期限には注意!

一般的に相続放棄には2種類あります。

一つは家庭裁判所に相続人が相続放棄を申述する手続き。
もう一つは遺産分割協議にて相続放棄をする手続きです。。

(ちなみに、法律的には前者の家庭裁判所における手続きのみを相続放棄と言いますが、
分かりやすくこの場では後者も含めて相続放棄としておきます。)

前者と後者の相続放棄では手続きのみではなく、法的な効果にも大きく違いがあります。

例えば、家庭裁判所における相続放棄なら、亡くなられた方の財産のみでなく、
負債に関しても一切相続しないで済みますが、
遺産分割協議にて相続放棄しても債権者には効果を主張できないため、
負債のみ相続することになってしまいます。

したがって、財産を相続しない、あるいは財産でも返済しきれないくらい負債が多い場合には、
家庭裁判所における相続放棄の手続きが必要です。
しかし、亡くなってから原則として3か月以内に家庭裁判所に申述する必要がありますので、
お早めにご相談くださいませ。

平成26年5月26日
司法書士・行政書士 溝の口オフィス
小野圭太