ゴルフ会員権の相続
ホーム > ゴルフ会員権の相続

ゴルフ会員権の相続

ゴルフ会員権の相続を検討する前に、

まず確認すべきことがあります。

ゴルフ会員権には3種類あります。

① 社団会員制

② 株主会員制

③ 預託会員制

 

まず、①の社団会員制のゴルフ会員権に関しては、

原則として、相続の対象とはなりません。

ただし、定款によって相続の対象となる旨の記載があるようなら、相続の対象となります。

 

次に、②の株主会員制のゴルフ会員権に関しては、

通常の株式と同様に相続の対象となります。

 

最後に、③の預託会員制のゴルフ会員権に関しては、

「ゴルフクラブの会員たる資格」と「会員権者たる地位」の2つに分けられるのですが、

「ゴルフクラブの会員たる資格」については、相続の対象とはなっておりません。

「会員権者たる地位」については、会則の規定によりますが、原則としては相続の対象となります。

 

ゴルフ会員権については、上記のどの種類に該当するかによりますので、

ご確認頂ければと存じます。

 

平成26年2月25日

司法書士・行政書士 溝の口オフィス

小野圭太